• OrderRikutを選んで欲しい6つの理由と店長の想い
  • FAXオーダー用紙ダウンロード
  • Eメールアドレス
    info★order-rikut.com
  • 特定商取引法

オーダーリクティの思い

はじめましてOrderRikuT(オーダーリクティ)店長の田坂と申します。

私は2004年、23歳で独立し、オリジナルグッズショップを運営してきました。商品の中にメインとなるオリジナルTシャツがありまして、これまでに約7年間 枚数にして15000枚・・・たくさんのお客様のTシャツをデザイン・プリントさせていただきました。デザインすることもプリントすることも好きで、好きなことが仕事にできていて幸せを感じています。

しかし、私には別にさらに好きなものがあります。それは陸上競技です。

高校から陸上競技をはじめ、大学までの7年間、選手として一生懸命走りました。今でも市民ランナーとして駅伝に参加したりしています。オリンピックや世界陸上、駅伝、マラソンも観戦しています。

陸上競技と仕事を結びつけることはできないかと考えはじめました。

3年前に私が陸上競技のことだけを考えてデザインした陸上Tシャツショップ「RikuT」をオープンさせました。
当初はほとんど趣味の延長のように考えており、収益のことは考えていませんでした。私が経験したことや感じたことをもとに面白いものや格好いいと思うものを誰かが着てくれると嬉しいなという程度でした。しかし、予想以上に全国のお客様から注文をいただくことができました。

オリジナルオーダー希望のお客様

注文をいただく一方で度々「オリジナルでも作りたい」とお声をいただくことがありました。
そういったお客様の要望をかなえるべくRikuTにもオーダーメイドというカテゴリーを設定しました。
しかし、そこには問題がありました。選べる生地の色は白だけだったのです。
もちろん白生地をご希望のお客様にはオリジナルTシャツをお届けすることができました。しかし、カラー生地を希望のお客様が本当多かったのです・・・。その為胸を張って「オリジナルTシャツ作製できます!!」とは言えませんでした。
RikuTが採用している吸収・速乾性のあるドライ素材はカラー生地と白生地ではプリントの難易度やデザインの制限、製作コストなどがまったく違うものだったためカラー生地の受注はお断りしてきました。

新しいプリント方法の誕生

しかし2011年11月ついにドライ素材でも、少ない枚数でも、複雑なデザインでも綺麗にプリントできる設備が登場しました。私はすぐにサンプルを取り寄せ、品質を確認しました。

これなら絶対にすべての生地で満足のできるオリジナルTシャツを作ることができる!

そう思った私はすぐに製作設備を導入しました。数か月間はプリントするための手法を学び、練習を繰り返し、そしてようやくオーダーを受ける準備ができました。
設備には合計100万円を超える費用がかかっています。まだサイトのオープンもしていない状況で回収はいつになるかはまったく分かりません・・・。しかし、そんなことよりもお客様が満足できるTシャツが届けられるということの方が大事なんです。それと私の言葉で皆さんに思いを伝えたかったので、このネットショップは私がいちから勉強して作っています。

最後に・・・

なぜそこまでするのかと聞かれると最初にお伝えしたように私は陸上競技が大好きだからです。もう少し言えば、陸上競技に取り組んでいる方、指導されている監督・コーチ、市民ランナーで頑張っている方、選手をサポートするマネージャーさん、親御さん、すべての方が好きで応援したいと思っています。

RikuTでは短距離~長距離、投擲、跳躍、マネージャー、監督まで着られるTシャツがあります。こんなTシャツショップは他にはありません。陸上好き(バカ?)な私だからできたことだと思っています。

そんな陸上バカの私にオリジナルTシャツの作製を任せてくれませんか?通常のプリントショップとは絶対に違う対応、デザインの提案をさせていただけると思います。お客様の考えたデザインや想いをぶつけてきてください。私も全力で応えます!

ですが、注文だけじゃなく雑談でも何でもいいんです。RikuTでも注文ではなく、練習の相談をされる方もいらっしゃいました。他にも子どもの試合結果を教えてくれた親御さん、全国大会でのおみやげまでプレゼントしてくれたお客様までいらっしゃいました。
私のことを覚えて考えてくれたんだと思うと本当に嬉しい思いでいっぱいになりました。お店とお客様の関係だけでなく、陸上競技という共通点で全国の皆さんと繋がりたい!そんな想いでRikuTを運営していきます。これからもどうぞよろしくお願い致します!

おまけ(店長プロフィール・競技歴)

私のプロフィールと競技歴を載せます。当時を振り返って一言コメントも入れてます。もともと本当に遅いところからスタートしている私ですので、今記録が悪い選手もあきらめず頑張ってください!工夫と努力を重ねれば絶対に結果はでます!

名前 田坂 暢浩(たさか のぶひろ)
生年月日 1982年2月2日
身長・体重 180cm 60kg(現役時代52kg) 
趣味・特技 ・ジョギング
・似顔絵(月刊陸上競技に何度か掲載されたこと有り。ペンネーム:ノブノブ)
・ボウリング
中学校
クラブ歴
サッカー部に入部するも小児ぜんそくをわずらっていたため退部。
絵を書くのが好きだったため中学2年から美術部へ。(描かされるのが苦手だったので、幽霊部員でした。すみません。)
中学1年次1500m 6分40秒…ジャンケンで負けてでた体育祭1500mで最下位に。
中学2年次1500m 6分30秒…マラソン大会140人中99位 50mは確か8秒台でした。
中学3年次1500m 5分40秒…学校に遅刻しそうで毎朝山道をダッシュしていたのがよかったのかも?マラソン大会が12位に!!(この頃にはぜんそくもほとんど出なくなりました。)
自分は長距離が速い!!と勘違いをし、高校で陸上部に入ることを決める!
高校クラブ歴 入部してすぐに自分が速いというのは勘違いだったことに気付く。
思い出のデビュー戦 5000m…20分11秒(かなり遅れて最下位でゴールしたため会場から拍手をもらった。)
遅くても部活の人間関係が楽しくて毎日頑張れた。
高校3年時に母校が17年ぶりに駅伝で県大会出場!新聞にちっちゃく載った。(アンカーを走った。)
身長が伸びる 入学時 164cm→卒業時 177cm

【高校の自己ベスト】
50m…7.6秒 
800m…2分12秒 
1500m…4分25秒 
3000m…9分20秒 
5000m…16分22秒 
3000mSC…10分18秒
大学クラブ歴 監督が元オリンピック2大会連続4位の中山竹通さん。本当にいろいろと教わったが当時は吸収しきれず・・・。
記録をのばしたくて平日でも2回練習するようにした。補強運動にも力を入れた。
まさかのキャプテンを任される。

【大学時の自己ベスト】
50m…7.6秒 ※高校から計測せず
800m…2分12秒 ※大学では試合にでず
1500m…4分10秒 
3000m…9分20秒 ※大学では試合にでず
5000m…15分05秒
3000mSC…9分19秒 ※関西インカレ2部3位入賞 自分の中で自慢できる試合結果。
ハーフマラソン…1時間09分02秒
女子マラソン金メダリストのC.ヌデレバ選手の後ろを走った。15秒差ぐらいで負けた。。。

フルマラソン…2時間52分49秒
35kmから地獄を見た。35km〜40kmで28分ぐらいかかった。
余談)一緒に出ていた友人は前半突っ込むと宣言し35kmを2時間ちょうどぐらいで通過したが35km〜40kmで45分ぐらいかかり、そのままペース上がらずサブ3できず。マラソンで無茶な突っ込みはいけません!
現在 体重が当時のプラス10キロ
記録を出す楽しみから完走する喜びに。
子どもを保育園に送ってから30分ぐらいジョグするという生活です。